種類によって異なる?シミができる原因と予防法

大きく4つの種類に分けられる

シミとは、肌にできる褐色や薄茶色の色素沈着です。しかし、一概にシミといっても4つの種類に分けられ、シミができる原因や予防法も異なります。

日光黒子は一般的にシミと呼ばれるタイプのものです。顔や体のどこにでもできます。紫外線が原因で、日焼け止めを塗ったりUVカットの防止や洋服を着るなどで予防できます。

雀卵斑はいわゆるそばかすのことで、頬や鼻の周りに細かい斑点として現れるのが特徴です。遺伝的な要素が強く、年齢と共に薄くなるのが一般的です。

炎症後色素沈着は、名前の通り肌が炎症を起こした後にできる色素沈着を指します。ニキビやかぶれ、肌荒れによる肌の炎症が原因で、時間と共に薄くなっていきます。

肝斑は、頬骨に沿って左右対称にできる色素沈着です。ホルモンバランスの乱れが原因でおこり、高齢になると薄くなります。

できてしまったシミを治すには?

一度シミができてしまうと、セルフのスキンケアで改善するのは難しいとされています。できてしまったシミに有効な美容成分としては、ハイドロキノンやビタミンC誘導体などがあり、それらが配合された化粧品を使うと、シミが薄くなるとされています。食生活では、メラニンの生成を抑制したり、メラニンを無色化するビタミンCやLシステインが有効です。

美容整形ではレーザー治療が有効ですが、肝斑には逆効果となるので注意が必要です。そのほか、肌を活性化させるフォトフェイシャルもシミを薄くする作用があります。自分に合った治療法を選ぶと良いでしょう。

シミの原因になるのが紫外線。そのため、紫外線対策が必須です。一年を通して日焼け止めを使い、日差しが強い夏場は外出時に日傘を使うなど二重の紫外線対策をしましょう。