気になるそばかすを解消!毎日のスキンケアで気をつけること

ビタミンCとLシステインを摂取する

そばかすは、メラニンの生成が活発になり肌に色素沈着となって残ってしまった状態です。ビタミンCはメラニンの生成を抑制する作用があり、Lシステインはメラニンを無色化させ、肌のターンオーバーを正常化する作用があります。ビタミンCとLシステインを積極的に摂取することで、そばかすを薄くすることができるでしょう。食事から摂ることもできますが、安定した量を摂取したいならサプリメントで摂取するのがおすすめです。

日焼け止めで紫外線対策

メラニンの生成は、紫外線を浴びることで活発になります。紫外線は家の中にいてもガラスを通して入り込んでくるので、室内にいるからと油断せず、常に日焼け止めを塗るよう心掛けましょう。日焼け止めにはSPFやPAなどの数値がありますが、家の中にいるならそれほど高い数値のものを使う必要はありません。SPF20、PA++程度でOKです。海やプールなど、日差しの強い場所に行く場合は、SPF50、PA+++のものを使用すると良いでしょう。日焼け止めだけでなく、帽子や日傘なども併用するとさらに防御率が高まります。

メイクをしっかり落として保湿する

肌の調子が悪くターンオーバーが乱れると、肌の生まれ変わりが上手くいかず色素沈着しやすくなります。そばかすができたり、濃くなりやすい状況を作ってしまうため、肌の調子を整えることが大事です。メイクはしっかりと落とし、そのあと保湿するようにしましょう。クレンジングや洗顔は、ゴシゴシこすらず肌に負担をかけないように行います。肌にストレスをかけないよう、気をつけることが大切です。

雀卵斑(じゃくらんはん)と言います。スズメの卵の表面と類似するためにこのような名称が付けられています。一般的には俗称としてそばかすと呼ばれています