注射だけでダイエット!脂肪溶解注射の効果とは

無理なく楽に脂肪を取り除く

ダイエットはしたいけど、激しい運動や厳しい食事制限はなかなか長続きしないという人にとって頼りになる存在なのが、美容クリニックです。専門医学に基づいたメニューで、無理なく楽に脂肪を減らせます。
そんな痩身医療の中で、特に人気が高いものの1つが、脂肪溶解注射です。これは、その名からも分かる通り脂肪を溶かす薬を注射し、自然な排出を促すという技術です。副作用のリスクが低く、身体への負担が小さいというのが人気の理由となっています。

施術は注射だけと簡単

従来の痩身医療と言えば、脂肪をメスで切除したり特殊な機械で吸引したりする手法が主流でした。これらはいずれも脂肪を直接取り除く効果がありましたが、その一方で程度の大小はあれ身体に刃物を入れることになるため、施術に不安を覚える人もいました。
これに対し、脂肪溶解注射において行われるのは注射器による薬剤の注入だけです。施術時間も1回につき5分から10分程度です。ダウンタイムも少なく、激しい運動などを控えれば施術当日からほぼ普通の生活を送れます。

ピンポイントでの部分痩せに最適

脂肪溶解注射に使われる薬剤の主成分は一種の乳化剤で、血中コレステロールを減らす目的に使用されたりもします。これを注入すると、固形化して皮下に蓄えられていた脂肪が溶け出し、老廃物となって血液に運ばれ、やがて体外に排出されます。
薬剤の広がる範囲は、注射した箇所を中心にしてだいたい手のひらぐらいの大きさです。したがって、脂肪溶解注射は部分痩せを実現したい人に向いています。お腹・二の腕・太ももなど、ピンポイントでのサイズダウンを目指せます。

ピンポイントで脂肪を落としたいなら脂肪溶解注射があります。日帰り治療も可能なため体への負担も少ないです。